訪日インバウンド

中国人旅行者がシートリップから日本の観光ビザ(査証)を申請する方法

ビザ申請方法
中国人の観光目的での短期個人旅行ビザ取得が容易になり、徐々に団体ツアーでの訪日観光ではなく個人旅行客が増えてきています。中国でも旅行の手配、フライト予約や宿予約はインターネットで行います、訪日中国人の半数もが利用しているといわれるシートリップ(Ctrip、携程)は中国最大のOTA(オンライントラベルエージェンシー)で2012年に日本語ページのサービスを開始、2016年にはskyscannerの買収を行いますますの規模拡大を図っています。今回は中国人旅行者がシートリップから日本の観光ビザを申請する方法について必要書類や手続き方法を調べてみました。

ビザの種類については、 最新版!中国人観光客の個人ビザ発給要件と緩和履歴まとめをご参照ください。
ビザの申請機関については、 訪日中国人の日本観光ビザと今後の推移についての考察 をご参照ください。

シートリップでの個人観光ビザ申請方法

シートリップのホームページからビザの種類を選びます

シートリップの日本観光ページから「签证」(ビザ)をクリックします、ビザの種類や滞在日数などにより料金が異なるため多くの申し込み先ページが用意されています。今回は滞在期間15日の個人観光一次ビザ申請方法を見ていきましょう。 ビザ申請シートリップ

15日の個人観光一次ビザ申請手続きの流れ

  • 1.申請するビザの種類を決定し申し込みます。
  • 2.シートリップからメールが送られてきます。
  • 3.必要書類を準備してシートリップのウェブサイトからデータをアップロードします。
  • 4.必要書類を郵送します。
  • 5.シートリップが必要書類の内容を確認し領事館に提出します。
  • 6.ビザ発給(領事館⇒シートリップ⇒本人)
※シートリップを通じて日本の観光ビザを申請する場合フライトや宿をシートリップ上で予約する必要があります。

ビザ取得にかかる日数

8日程度です。シートリップが書類を確認して領事館に提出後5営業日ほどでビザが発行されます。提出書類の準備期間や発送などの時間も考慮しビザ申し込み後8-10日程度でビザが手元に届きます。

必要書類

  • 1.パスポート
  • 2.写真
  • 3.IDカードのコピー
  • 4.結婚証明書のコピー
  • 5.在職証明書
  • 6.資産の証明
  • 7.同行者のパスポートコピー
  • 8.チケットと宿の予約証明書
  • 9.個人情報の取り扱い同意書
  • 10.ビザ申請フォーム
  • 11.保証人のサイン付で不法滞在しないという内容の同意書と保証人の身分証明書

値段

5,000円目安。今回ご紹介した滞在期間15日の個人観光一次ビザはシートリップへの手数料込みで315元です。ビザ代200元と115元が手数料になります。滞在期間15日の個人観光一次ビザについてはビザ代200元で代理店手数料が100-300元程度が一般的です。

まとめ

2016年時点では団体ツアーでない個人旅行者が訪日観光客全体の7割以上を占めていますが中国人の個人旅行者は5割未満となっていました、これには個人観光ビザの申請が他国からの旅行者に比べて煩雑であったということや海外旅行へ行く中国人の増加が近年爆発的に増え、旅行初心者ゆえ初めての海外は団体旅行で、といった選択が多いと考えられます、必要書類さえ揃えればインターネットで簡単に日本観光ビザが申請できる環境が整い、2度目の海外旅行は団体ツアーではなくて個人旅行で、というのは自然な流れですから、爆買いのニュースを目にすることは減ってきた昨今ですが、中国からの訪日観光客自体は今後も増え続けていく可能性は十分に考えられます。

投稿者プロフィール

インバウンドラボ編集部
インバウンドラボ編集部インバウンドラボ編集部
訪日外国人観光客向けに関するお役立ち情報などを総合的に紹介しています。マーケティング施策を考える時に参考になれば幸いです。